歌川広重 / 東海道五拾三次

石部 目川ノ里

いしべ めかわのさと

江戸日本橋から京都までの間に設けられた53の宿駅を描いた歌川広重の人気シリーズ「東海道五十三次」です。本作品の場所は現在の滋賀県湖南市あたりを描いたものです。宿場と宿場の間にあった休憩エリアを立場を呼ばれ、その地の名物などが食べられる茶屋がありました。作品は田楽豆腐を売る「いせや(伊勢屋)」を描いています。店ののれんに「いせや」の文字が並んでいますね。奥には山々のシルエットをぼかしを多用することで柔らかく美しく表現しています。よく見ると踊っている人もいますね。酔っ払っているのでしょうか、陽気な様子が見えてきますね。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。浮世絵を際立たして見せることのできる木製の「黒塗り」の専用額に入れてお送りします。柔らかな雰囲気の場所に適した「白木」の額も用意しておりますので、こちらをご希望の場合は、ご注文時にご指定をお願いいたします。

商品コード: u146 タグ: , , , , ,

説明

[浮世絵サイズ]
・22.3 × 35.0 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg 

追加情報

絵師

シリーズ