喜多川歌麿 / 歌撰恋之部

深く忍恋

ふかくしのぶこい

世界的に知られている浮世絵師、喜多川歌麿が得意とした構図、美人をクローズアップで描いた「大首絵(おおくびえ)」の傑作といわれている作品です。
煙管を持つ、大丸髷(おおまるまげ)に結いあげられた黒髪の女性が描かれています。よく口元を見ると江戸時代には既婚女性が行っていたという、歯を黒く染める化粧「鉄漿(お歯黒:おはぐろ)」をされていますね。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。浮世絵を際立たして見せることのできる木製の「黒塗り」の専用額に入れてお送りします。柔らかな雰囲気の場所に適した「白木」の額も用意しておりますので、こちらをご希望の場合は、ご注文時にご指定をお願いいたします。

商品コード: u213 タグ: , , ,

説明

[浮世絵サイズ]
・39.1 × 25.3 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg

追加情報

絵師

シリーズ