歌川広重 / 名所江戸百景

亀戸天神境内

かめいどてんじんけいだい

広重晩年の大作であり、当時のベストセラーとなったシリーズ「名所江戸百景」からの1枚です。本作品の場所は現在の東京都東京都江東区亀戸、亀戸天神の境内を描いたものです。梅はもちろんですが、亀戸天神は藤の名所として人気のスポットでした。前面に大きく描かれている藤の奥には太鼓橋が見え、諸説ありますが、東側から男橋を描いたともいわれています。
本来、橋の下の色は空と同じ色を使うはずが、手違いで青くなってしまったという作品です(実際、後摺りの作品の場合は空は青くなっていません)。
また本作品は、印象派の画家モネに影響を与えたことでも有名で、モネは太鼓橋をジベルニーの庭につくり、大切なモチーフとして「緑のハーモニー」などで描いています。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。浮世絵を際立たして見せることのできる木製の「黒塗り」の専用額に入れてお送りします。柔らかな雰囲気の場所に適した「白木」の額も用意しておりますので、こちらをご希望の場合は、ご注文時にご指定をお願いいたします。

商品コード: u164 タグ: , , , , , ,

説明

[浮世絵サイズ]
・34.0 × 22.3 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg

追加情報

絵師

シリーズ