歌川広重 / 東海道五拾三次

御油 旅人留女

ごゆ たびびととめおんな

江戸日本橋から京都までの間に設けられた53の宿駅を描いた歌川広重の人気シリーズ「東海道五十三次」です。本作品の場所は現在の愛知県豊川市あたりを描いたものです。御油の宿は姫街道とも分岐にもあたる交通の要所であったことから栄えた宿場でした。夜になると「留女(とめおんな)」と呼ばれた女性たちによる客引きが盛んで、掴みあって客を取り合う姿も見受けられたようです。「東海道中膝栗毛」にもまさにこの描写が書かれていたりもします。右にある旅舎の軒に掛かっている木札や壁に、絵師名やシリーズ名、版元名に加え、彫工・摺工の名前が描かれているという遊び心も面白いですね。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。浮世絵を際立たして見せることのできる木製の「黒塗り」の専用額に入れてお送りします。柔らかな雰囲気の場所に適した「白木」の額も用意しておりますので、こちらをご希望の場合は、ご注文時にご指定をお願いいたします。

説明

[浮世絵サイズ]
・22.7 × 35.2 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg 

追加情報

絵師

シリーズ