葛飾北斎 / 富嶽三十六景

相州梅沢庄

そうしゅううめざわのしょう

本作品の場所は現在の神奈川県中郡二宮町あたりを描いたものとされています。当時の梅沢は大磯と小田原の間にあった立場(休憩所)として賑わっており、押切川のほとりで富士が眺められる場所としても有名でした。
水辺には寄り添う5羽の鶴、上空には2羽の鶴が、さらに富士山という縁起のよい要素をふんだんに用いた構図ですので、お正月などのおめでたい時期には特におすすめです。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。浮世絵を際立たして見せることのできる木製の「黒塗り」の専用額に入れてお送りします。柔らかな雰囲気の場所に適した「白木」の額も用意しておりますので、こちらをご希望の場合は、ご注文時にご指定をお願いいたします。

商品コード: u020 タグ: , , , , , , ,

説明

[浮世絵サイズ]
・25.7 × 38.4 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg 

追加情報

絵師

シリーズ