葛飾北斎 / 富嶽三十六景

神奈川沖浪裏

かながわおきなみうら

「浮世絵の代名詞ともいえる」というくらい世界的に有名な作品です。
現在の神奈川県横浜の本牧沖から富士を眺めた構図は、絵師である葛飾北斎が長年追求してきた「波」をテーマにした作品の中でも最もダイナミックで最高傑作の呼び声高いの浮世絵となります。

当時のユネスコ事務局長イリナ・ボコバ氏が、「世界で2番目に有名な絵」と称したことからも分かる通り、この作品「GREAT WAVE」(英語での通称)は、海外の有名美術館にも所蔵されており、世界中にファンがいる作品です。
現代の日本でも2020年から発行されている新パスポートにも採用され、さらには2024年に発行が予定されている新紙幣1000円札の裏面にもこの作品が採用されることが決まっています。

ちなみに、世界で1番有名な絵はレオナルド・ダヴィンチの作品「モナリザ 」と言われています。

ライト
スタンダード
プレミアム

通常の大判サイズです。全プランでレンタルいただけます。

浮世絵専用額について
現代絵画と縦横比が異なる浮世絵が美しく見えるよう計算された専用額です。高級感のある「黒塗り」と洋室との相性が抜群の「白木」の2種をご用意。お好きな方をお選びいただけます。

説明

[浮世絵サイズ]
・26.4 × 38.6 cm

[額サイズ]
・40cm×55.5cm×2.5cm
・約1.6kg

追加情報

絵師

シリーズ